FC2ブログ

◆ところで、忘れ去られている声優さんなのですけど。

 超時空要塞マクロスのリン・ミンメイのCV、飯島真理嬢ですが。

 なんと、アメリカ販売DVDのTV版マクロスで、オリジナルヴォイスで充ててますね~。
もちろん、その他の声優さんは全て現地の方々。

 日本版オリジナルヴォイスのキャストの中で、飯島真理嬢だけがアメリカ在住で、さらに英語を喋れる(旦那が米国人)という事で、このようになったのだろうと、推測されます。

 逆輸入して観たいような気もしますが、(TV版の作画クオリティは決して褒められたレベルではなかったので)そんな手間は掛けられません(w



 そういや、島津冴子は今何処に・・・・?(^ ^;

誰か、島津さんの「近況」を知ってる人、居ませんか~?(w
スポンサーサイト
デリヘルもソープもイメクラも気に入った子がきっと見つかる
超大型リニューアル中の大好評風俗情報サイト!
[PR]

DAICON FILM→GAINAX

1983年
第二回SF大会
TV版「電車男」のオープニングにもインスパイアされた、伝説のアニメ。

http://h4i0ro.hp.infoseek.co.jp/img/daicon4.jpg

アップローダーで拾った・・・^▽^;

TOOL=極窓
推奨Player=MediaPlayer2

◆一口メモ◆
 この伝説のアニメを製作したDAICON FILMは、ガイナックスの前身の同人集団。
 1981年、第20回SF大会大阪コンベンション、略してDAICON Ⅲのオープニングアニメーションを素人ながら空前のクオリティで制作したことで話題となる。

 後の1984年、DAICON Ⅳオープニングアニメ制作。


 躍動感溢れるキャラクターの作画からかもし出される魅力は、今観ても惹きつけられるものがある。
クライマックスの「核?爆発」による爆風シーンも、手描きだと考えると圧巻の迫力。
 今のCGに頼ったアニメばかり造っているアニメ制作会社に、この情熱とクオリティを見習って欲しいものである。
 こういうアニメを神作画と評するのです。

 後年このスタッフを中心に、劇場用アニメ「王立宇宙軍 オネアミスの翼」の制作するために、ガイナックスを設立。
 DAICON FILMとしての活動は、1988年の16ミリ特撮大作「八岐之大蛇の逆襲」まで。


 さて、GAINAXといえば「エヴァンゲリオン」であるが、現在ハリウッドで映画化が進行中とのことらしい。

 特撮を手がけるWETA WORKSHOPでは、こんなイメージボードが観ることが出来る。

 レイはともかくとして、アスカはなんなんだ。どうみても、14歳じゃねぇよと、言ってみる。
まぁ、あくまでコスチュームデザインなんだろうけど・・・。
あの絵のキャラは、日本のアニメファンを愚弄してるとしか・・・。
 ま、興味の有る方は、上記のリンクから観にいくと良し。
但し、精神的打撃を受ける可能性が有りますから、アスカ信者は見ない方が良いでしょう(w

TubeFLVや、SWF Cache Viewer等に関してはこちらのカテゴリ

ひ・み・ちゅ♪(←馬鹿)

これは面白いものが見つかりました。
http://www.lifeboat.jp/products/uhd/uhd_feature.html

家族共用PCに、自分だけの秘密領域を作ることも可能!

これで大人のゲームもインストールし放題だね!(w

電車男・劇場版を観ました。レンタルで(w

・・・いや、「今更」ってね?(w
その辺の突っ込みは、ちょいと横へ置いといて下さい。
時の流れとは微妙に線を引くのが、風我のスタイルです(w


 さて、風我はTV版を先に観てしまっているので、劇場版では短い尺の中でどうまとめているのか関心が有りました。
で、随所がTV版との比較となると思います。



原作の実話・作り話論争などは一切無関係。
あくまで「映像作品」としての感想です。ねらーの突っ込みはご遠慮下さい…。



■キャストについて。
@電車男役は、変身前の長髪の仕様が「今時、そこまで露骨なスタイルなやつは居ないだろ」というか(w
あんまりだろ。
 さらに、変身後のスタイルがあまりに「それが元々だろ?」と言わんばかりで、OTAKUスタイルの作りっぽさが顕に。

 OTAKUのイメージを追い求め過ぎかもね。

 TV版の方が、実在感があると思う。
役者が長身じゃないのが、幸いしてるのかもね。誠実な感じも、TV版の方が上。


@エルメス役は、「昼ドラの時代遅れのお嬢様かよ」っつーか。

 TV版のエルメスの方が、ゴージャスな感じでそれっぽいと思う。実際に居たら、ストーキングしたいもの(w
第一、瞳が綺麗(w

『青島さん!』(違)


@掲示板の住人達について。
 電車男役もエルメス役もそうですが、「邦画の芸術志向を捨てきれない」感じが、微妙に匂う。

 劇場版の住人達は、生きていなかった。
バーチャル戦場の表現で印象が残った「三人衆」以外は存在感が弱い。

 対してTV版の方は、誇張も大きいが、個性も生きていた。
阪神男を始めとして、他の住人もキャラクターが生きていたしね。
倦怠期の「夫婦」は、TV番の「夫婦」の方が現実感と親近感が有ったね。
 特に、ランエボ男はいい三枚目っぷりだった。
『どんなに運命に割り込もうとしても、それを引き裂くことは出来ないことを証明する』ためのキャラだね。
 エルメスの弟君は、最も要らないキャラだったな(w


■エピソード
一応、涙腺緩むシーンも有りました。

 挫折した電車男への励ましを、架空の駅のプラットフォームを作ってまで表現するのは必然性を感じない。
単なる「電車絡み」だけの思いつき演出。

 例えば?

 そうだな~。

 電車男がハートブレイクのまま帰宅。
PCの前で打ちひしがれる電車男。
マウスに触ってしまい、PCがスタンバイから起動。
 そこへ、モニタの中に住人達の励ましのメッセージが映し出され、その励ます姿が(部屋ごと)バーチャルに次々とオーバーラップさせるとか。
 これなら「ネットのつながり。掲示板のつながり」という感じを強調できるんじゃないだろうか。


 アキバの真ん中での告白は、ラブシーンとしては良い出来だと思います。
祝の花火や看板の演出も◎。

 結局2005年の流行語大賞は獲り損ねた「電車男」ですが、風我的には「フレーズ大賞」も設定して欲しい。

『好きって言ったら、もっと好きになっちゃいました』

 いいフレーズですよね。
 もしこれがトレンディドラマの台詞だったら、もっと世間にもてはやされていた筈です。


■全体のストーリー
うん。解りやすくまとまってますよね。
変に伏線を弄り回さないのが良かった。この点はTV版よりも評価できるかな。


■見所
 見所は、エンドロールの最後に(おぉぉぉい!マテコラ!)


 基本に忠実な映画ファンなら、エンドロールも最後まで観て(もしくは早送りしても)何が有るか「チェック」入れてると思います。

 エンドロール後のおまけ映像は、なんとTV版キャストとのショートエピソード・コラボレーション!
 TV版の電車男に手助けをするのが、劇場版の電車男という洒落っ気。
 ちなみに、酔っ払い役は「いずみやしげる」じゃなかったりします(w
TV版のパイロットフィルム的な微妙感が面白い。
 この映像が劇場で流されたのかどうかは知りませんが、「おつな演出」だと思いますね。変にNG集流すより、よっぽど気が利いてる。


 もしこのおまけを観ていない方は、今一度DVDを再視聴しましょう!

Internet Explorer 7

以前、Internet Explorer 7のbeta版のソースコードの流出が有ったのをご存知だろうか。
ニュースサイトやブログをチェック入れてるヒトには周知だろうと思う。
 風我は知りませんでした(w

 こちらには当時のキャプチャ画像がアップされています。表示ページの右コラム、水着の金髪美女には目もくれず、更に下の【Hot Forum Topics】へ(w
『Internet Explorer 7 public preview help?』に、件の画像が置いてあります。

 ツールバーのアイコンの配色等は、現行IE6よりも柔らかい感じかな。FireFoxのアイコンの色を思い浮かべてもらえば、近い感じかも。
プレビューに、FireFoxの画像を並べて置いて有るのは、何の比喩だろう(w
 英語で書くなよ。読めないだろうが(アメリカのサイトですよ、風我サン)

IE7はWindows Vistaに同梱される予定という。
XP用は
リリースされるのだろうか?
セキュリティ面の連携具合を考えると、Vista専用っぽいんですが。

とりあえず、メディプレーヤー11の情報も集めてみようか・・・。

パピヨンローゼって?

オフィシャル

「イロモノ」っぽいんですが・・・。

どう話題にしたら良いものか(苦笑)

砂沙美が還ってきました!

噂だけ先行していた「砂沙美・魔法少女クラブ」が具現化。

CVなど詳細はまだ掴んでません^ ^;
情報募集~。

オフィシャルはこちらへ!

sasami

こんなP/D(マウス)が欲しかったかも~。

http://www.sanwa.co.jp/seihin_joho/batteryfree/index.html
コードレスで軽い!
 長時間マウスでペイント作業をやる俺には、かなりのポイント!

電池交換不要!
 夜中にコンビニに行かなくて済む!


 欠点
 オフィシャルの注意にも有りますが、金属版の上では、磁気の乱射が起こり、まともに走らないようです。
専用パッドに因る磁気カードへの影響が有ります。
 ということは、時計も狂うでしょう。磁界発生してますからね。携帯もヤバイ可能性・・・。
 PC周りにこれらを放置する癖のある人には、「禁断のマウス」になるでしょうね。

 あ、多機能なインテリジェント・キーボードにも影響が出る可能性。

 オフィシャルに、これらの検証報告ページはありません・・・。

 大丈夫なんだろうか・・・。



・・・なんか、書いてるうちに心配のほうが大きくなってきた(汗)

 誰か、人柱レビューとかしません?(人任せかよ)
検索したいキーワード
プロフィール

風我(FUGA)

Author:風我(FUGA)
 主な趣味は
・二次元鑑賞(ジャンル=主に美少女が出てくるアニメ&オトナのPCゲームとかも)

・オリジナル&二次創作のキャラクターイラストとかも描きます。




なお、当Blogでは↓のセキュリティツール&カウンターを使用しています。







最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク