FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

愛・おぼえていますか

 このくっさいフレーズは、伝説の劇場アニメーション「超時空要塞マクロス」のサブタイトルです。

 人気となった一因のバルキリーの3D化は数知れず。
逸話ですが、バルキリーの変形ギミックの3D再現には、スタッフの苦労が有りました。
 とある玩具系メーカーにタイアップの打ち合わせに行ったアニメスタッフ。(誰だったかは忘れた)メーカー側からは「そんな変形の再現は不可能」と一蹴された。
 スタッフは、なんと手作りで変形ギミックを再現したバルキリーを持参し、タイアップに再挑戦。
メーカー側もこれに納得し、ついにタイアップに成功したという、スタッフの執念。
凄いですね。
 バルキリーのスマートでスタイリッシュなデザインは、後のガンダムシリーズ他にも、大きな影響を与えました。
 『変形を前提としてメーカーとの妥協の産物的なデザインの、低学年向けどこぞのゴツゴツしたわけわかんないアニマル系ロボットのデザイン』とは、えらい違いですね。

 さて、長い枕でしたが(ぇぇぇぇ、ここからが本題です。
 今でも根強い人気を保つバルキリーシリーズの3D化なら珍しくも無く取り上げたりしませんが、今回はなんと、
1/5000スケールバルキリーの母艦である超時空要塞・SDF-1マクロスそのものが完全変形ギミックで再現されます!

あの馬鹿でかいモノが完全変形ですよ。

有りえねぇ・・・・。

メーカーサイト=ウェーブ


おまけ
風我の手元に今も残る、薄汚れた完全変形バルキリー
当時人気のロイ・フォッカー(スカル小隊)隊長機。
メーカーは忘れました(w

デザイン原型は、トムキャットだそうです。
vf0


当時、この形態でのホバーでのスラローム走行は衝撃でした。
vf1
例えば、戦闘機形態でなら避けきれずに突っ込んでしまうところを、瞬時の変形で「脚」を出すことにより、衝突を華麗に避けられてしまうんです。


完全変形後!
vf2
戦闘機状態からこの形態まで一瞬ですませてしまう。
 当時はゆっくりと合体や変形プロセスを見せることでアニメファンを魅了していたのですが、目にも留まらぬ速さ、まさに一瞬での変形は、多くのアニメファンの度肝を抜きました。

 ガンダムの某ムラサメ機とかが、そっくりだね(wまさにバルキリーの影響といえましょう。



 余談ですが。
 風我が続編の「マクロス7」を好きになれなかった理由のひとつは、この瞬時の変形が再現されず、視聴者を意識しすぎたゆっくりプロセス変形になってしまったことです。
 主人公機のメカデザインもダサかったし。
 風我的には、あれはマクロスシリーズの黒歴史だね(w
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

むむ?

マクロス愛おぼ(略

このアニメって人が死ぬシーンが結構グロいんだよね

咬むのはそっちですかい。

 官能的感動でさえある光とミンメイの別れのシーンとか、そういう話に持っていかないんか(w

 まぁ、表現は公開当時としては、かなり頑張ったほうだよね。
 瓦礫につぶされたり、(自粛)とか(削除)とか千切れて吹っ飛ぶシーンとか有ったような気もします。
「ひぐらし」も真っ青です。

 当時、飯島真理のCDアルバム買い集めたっけ・・・(懐かしく遠くを見る目)


グロイの思い出したら、なんか嫌な気分に。
気分直しに「たまたま」でもやるかな~。
ああ、莉子ちゃん♪「にいさま」って呼んで~!
検索したいキーワード
プロフィール

風我(FUGA)

Author:風我(FUGA)
 主な趣味は
・二次元鑑賞(ジャンル=主に美少女が出てくるアニメ&オトナのPCゲームとかも)

・オリジナル&二次創作のキャラクターイラストとかも描きます。




なお、当Blogでは↓のセキュリティツール&カウンターを使用しています。







最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。