FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KID自己破産。言わんこっちゃ無い。

http://mantanweb.mainichi.co.jp/web/2006/12/53000.html
確かなスジの情報です。

KID

メモオフシリーズとか乱発しすぎ。
1stを貶めた罰だな。

KID内の各BBSでは既に話は出回ってますね。
どこぞ(FC2辺りが濃厚?)に買い取られて、サポートだけでも引き継いで欲しい。
社員は引き受けるな。あの体質は引き継がないで欲しい。


ギャルゲーがもてはやされた栄華も今は昔。ささきむつみ(ちなみに、男性)を切った辺りから、堕ち始めていた。
Keyみたいに、真面目で堅実な商売してれば良かったのに。
ご愁傷様・・・。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

あーあ。

コンシューマにがしがし移植していたのくらいしか僕は知らないんだけど、コンシューマに移植される前のものは比較的遊んでたんです。

でも、これらのほとんどがそうなんだけど、シナリオにしろなんにしろ制限が多くなる上に、ラインの関係で画面を絞らなくてはいけないハンデがあるもので、どうしても移植前のものに比べいろんな部分で見劣りするのが正直なところでした。

それ以外のオリジナルのゲームを知らない状態なので大した見解は述べられないんだけど、コンシューマでギャルゲーというのはゲーマーというか、好きな人の間では人気なのかもしれないけど、全体的に見ればやっぱりニッチなところであり、ビジネスの点から考えればあまり明るいものではなかったんだろうなぁ、と思うわけで。

細かい点ではいろいろあるんでしょうけれども、マーケティングのミスが大きなところなのかなぁ、と。ふうがさんのおっしゃっている堅実な商売ってのがまさにそのとおりでしょうね。

しかしまぁ、あれだけの資本をもってスタートした割にはずいぶんあっさりギブアップする結果になっちゃいましたなぁ。

AUTHERさんおはようございます。

 マーケティングのミスもあるでしょうね~。

 KIDの移植に関して有名な言葉に「愛のない移植」というのが有りまして。ご存知かな?

 ふつーマニアは、移植モノでも追加要素やシナリオの変更点なども楽しむためにPC版を持っていても買うことも多いのですが。
しかし、「愛のない移植」でオリジナルを貶めてしまったりする事が多かったようです。
で、移植モノはそっぽを向かれると。
(コンシューマーオンリーのユーザーは移植ものでも買うかもしれませんが、PCユーザーが買わない→トータルで売り上げが伸びない→ツマンナイゲームとなって、更に売れなくなるのかも知れません)
 大きなタイトルの移植版権を取り損ねたりしてますし(Piaキャロの1はKIDが移植するも、2はインチャに取られたりしてた)・・・。
PCゲームユーザーの心をつかみきれなかったのも敗因かもしれません。

 ギャルゲーメーカーの印象の強いKIDも、実は初期には大手の下請けとして、硬派な作品も作ってたというネタでレスを〆ます。
参照サイトさん=http://www5b.biglobe.ne.jp/~mx-5/kid/
検索したいキーワード
プロフィール

風我(FUGA)

Author:風我(FUGA)
 主な趣味は
・二次元鑑賞(ジャンル=主に美少女が出てくるアニメ&オトナのPCゲームとかも)

・オリジナル&二次創作のキャラクターイラストとかも描きます。




なお、当Blogでは↓のセキュリティツール&カウンターを使用しています。







最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。