FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『おさいふケータイデビュー』しました

 ボーダフォンからドコモFOMAに換えて、早や3ヶ月。

 この度、FeliCaデビューを飾りました。
内容は、Cmode対応Edy(コカ・コーラのベンダー=自販機対応のEdy機能)と、一般のEdy機能。
(詳しくは、本文後半の基礎知識を参照してください)

 先ずは、Cmode。
まだまだ稼動数の少ない専用ベンダーを探すのは、なかなか大変です。
(Cmodeのサイトから近隣を検索できます)
で、先ずは¥1,000ほどをチャージ。
早速缶コーヒー(¥120)を購入。

普通と違うのは、ベンダー内蔵の液晶画面(!)のナビに従って買うこと。

1
商品ボタンを押す(先に買いたい商品を選択)
ナビが立ち上がります。

2
真ん中のケータイの絵が点滅したら、おさいふケータイを読み取り部にタッチして決済します。

3
Cmode(Edy)の認識が成功すると、チャージ額から商品代が差し引かれ、選択した商品が出てきます。

 なんと感動的なことでしょう!
お金に触れずに自販機で缶コーヒーが買えてしまいました!
 財布から小銭を探さずに買えるのも便利。万券だけしかなくても問題無し!
もう自販機のつり銭切れの罠にも掛からずに済みます(w


 続いて、一般Edy機能の活用です。
 肝心のEdy残高が¥0では、使いようがありません。まずチャージです。
 先月新規で開設したイーバンク銀行の口座から、専用アプリでEdyにチャージします。
ものの数分で完了です。
¥3,000ほどチャージしました。

 Edy対応のドラッグストアで、風邪薬などを購入。
シャラシャラ~ンといった音がして、清算完了。

 なんと感動的なことでしょう!
お金に触れずにドラッグストアで、風邪薬が買えてしまいました!


 おさいふケータイでEdyを使うなら、イーバンク銀行に口座を持っておくと超便利!
 実は、Edy取扱店でも、チャージには対応していない店舗が有るのです。
 Edy残高が不足がちになりそうなときには、空かさず簡単な携帯のアプリ操作だけでイーバンクの口座からEdyにチャージができてしまいます。



・・・・しかし、ま~、なんつ~か。

この感覚、クセになりそう(w




 基本知識

FeliCaとは?
 ソニーが開発した非接触型ICチップです。
 一般的なEdyカードやピカチュウEdy、Suicaとか奈良のCI-CA。もちろんおさいふケータイ内蔵のEdy機能も、母体であるICチップは全てこれが基本なのです。

おさいふケータイについて。
 「電話以外に使わない」という古風な方は「何だ、それ?」だと思います。
簡単に言えば、Edy機能を携帯に内蔵したものです。
★モバイルSuicaもEdy機能なのですが、こちらはクレジットカードの契約が必須になるなどの条件が有り、読み取り上の互換性は無い。

Cmode(Cモード)について。
 iモードのパクリな名称ですが、パチものじゃ有りません(w
コカ・コーラの提供する正式なサービスです。
 Cmodeは、シーモ及びシーモ2と称される、通信機能内蔵型スーパー・ベンダーをメインにサービスされます。
詳しくはこちら
 Edyの機能を利用したものと、3Dバーコードを利用したものが有る。
その他のEdyとは別枠額面でチャージでき、専用自販機でEdyの様にキャッシュレスでソフトドリンクが買えます!


(それぞれのEdy機能を使うには、対応機種や対応アプリが必要です。
ドコモ・ボーダフォン・auの3キャリアで対応機が有ります。
詳しくは、各キャリアのオフィシャルで自分で確認してください
スポンサーサイト
[PR]

FC2公認の男性用高額求人サイトが誕生!
稼ぎたい男子はここで仕事を探せ!

コメントの投稿

非公開コメント

Suica Edy Cmodeはそれぞれプリペイドカードの名前(みたいなもの)で
一般的には電子マネーといったほうがいいかも。

コメントありがとうございます。
コメント時は、必ず毎回同一のPassの記入をお願いします。

Suica Edy Cmodeの中で、Suicaはちょっと別格ですね。
何故かと言いますと、一般Edy(With Cmode)はEdyカードと機能を同じくする万人向け仕様なのに対して、Suicaはクレジットカードの契約が必須ということで、未成年者や定職を持たない方には敷居が高い。

 対して""一般Edy""では、カード形態や携帯内蔵型、グッズ内蔵型等々...用途が自在。
 さらにコンビニのポイントカードの機能を併せ持たせたり出来るなど、幅の広い合体技が得意。

 おさいふケータイ初心者には理解しにくいこのふたつの仕様の差。
1.モバイルSuica
2.一般Edy+α
 この両者の互換性は殆ど無いのです。(互換の検討はされているらしいです)
 利用できる店舗も、別々。決済方法の違いのせいですね。
 チャージも別枠。
(Cmodeは一般Edy機能を利用しますが、チャージは専用枠です)


 Suicaはともかくとしても一般Edyに関しては、いわゆる電子マネーいうにはちょっと特殊な位置づけだろうと考えます。

 <銀行><クレジット会社><店舗>
これらの間でデータ交換のみが行われ、ユーザーが一切現金に触れる機会が無いシステム。
これこそ電子マネーと呼ぶに相応しいのでは。
 自らの手でチャージを必要とする一般Edyに関しては、プリペイドカード(プリペイド電子チップ)の方が適当でしょう。
 但し、給与振込みにイーバンク口座を利用すればアプリで携帯に金額移動が出来るので、一切現金に触れません。
このケースでは電子マネーと言えるかも。

 ま、屁理屈ですけどね(w
検索したいキーワード
プロフィール

風我(FUGA)

Author:風我(FUGA)
 主な趣味は
・二次元鑑賞(ジャンル=主に美少女が出てくるアニメ&オトナのPCゲームとかも)

・オリジナル&二次創作のキャラクターイラストとかも描きます。




なお、当Blogでは↓のセキュリティツール&カウンターを使用しています。







最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。