FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Super πの現状は・・・。

現在(2008年12月12日)、419万桁の記録は、Intel Core i7 Extreme 965@4520.9Hz (Bloomfield)の
46秒である。
419万桁ランキングページ

私のCore 2 Quad Q6600@3.0GHzが1分33秒であるから、私のほぼ倍の速さである。
しかしそれでもなお、1986年のスーパーコンピュータのには遠く及ばないのだ。

近年のスーパーコンピュータである「地球シミュレーター」を相手にしたら、なにをかいわんやである。
ところで、ベンチマーク大好きのみんながCPUのスペックを表すために使っているこのSuper π、実はマルチコアに対応しておらず、マルチコア対応版を出してくれる人がいないかな~と思っているのだが、なかなか出てこない。
やはり、本物のスーパーコンピューターによる、マルチコアに対応したロジックの計算が必要なのであろうか?
いや、素人考えだが、そういうことではないと思う。
おそらく、そこまでする必要が無いからであろう。
・・・いまいち考えがまとまらないのだがw


ところで、Super πを考案した金田康正助教授(東京大学大型計算機センター研究開発部)によると、当時のスーパーコンピュータ<HITAC S-3800/480>(1986年9月当時?) で πの100万桁の計算は5秒。
3355万桁の計算については4分だそうです。

冒頭で紹介したランキングトップの人のPCなら、恐らく3355桁は8分ほどでしょう。
あと2~3年後には、市販のコンピュータが、1986年9月のスーパーコンピューターの計算能力に追いつく計算である。

こんな物凄いものを、エロゲなんかで浪費しておいていいものなのだろうか?
いや、良いのだ!w
(反語)
これこそが、消費文化の象徴。
人類の壮大な無駄であろう。






・・・・・・・・俺は馬鹿かw
俺程度が、そんな大そうなこと考えるタマかw

ようは、俺もCore i7欲しいよ~!と言いたいだけなんだがw

あああ、俗世間万歳(爆




ちなみに、この間PCの内部を清掃したときに、面白いことを発見しました。q60_0812
静電気ひとつでパソコンの安定度が変わるとは・・・。

実はこのあいだ、パソコンがいきなり落ちるという症状が頻発。
siverさんに訊いたところ、静電気であろうということに。
で、内部を清掃。
上記の結果になったということです。

siverさんのいうように、冬場は加湿器が要るな~。
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

検索したいキーワード
プロフィール

風我(FUGA)

Author:風我(FUGA)
 主な趣味は
・二次元鑑賞(ジャンル=主に美少女が出てくるアニメ&オトナのPCゲームとかも)

・オリジナル&二次創作のキャラクターイラストとかも描きます。




なお、当Blogでは↓のセキュリティツール&カウンターを使用しています。







最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。