FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

i7 3930Kを、夏対策でダウンクロックとかしてみた

だいぶ涼しくなりましたね。
さて当記事の「ダウンクロック」ですが、Windows7以降ではあまり意味が無いものと考えるようになりました。
なので、当記事の無効を宣言しておきます。

 じゃ、夏対策は?

コンパネを使います。
コンパネの【電源オプション】で画像の項目で「最高値」を制御し、発熱を抑える方法です。
電源管理・夏場
基本クロックは抑えられませんが、MAXを低くできるので夏の熱対策にはかなり有効です。
ハイエンドCPUをご使用で熱に悩んでいる方はお試しください。
 なお、動作がカクツク、アプリケーションの立ち上がりや操作にラグがあるなどで悩んで居る方は、「最小のプロセッサの状態」を上げてください。
デフォルトでは5%ですから、かなり落とされています。落差が大きい為、立ち上がるまでラグが感じる人もいるかもしれません。
例えばここを30%とか50%とかに上げれば、ラグの改善が期待できます。
 細かな数字は自身で調整してください。
一部のPC環境においては、設定変更が反映されるにはOS再起動が必要になるかもしれません。


設定後は「システムの冷却ポリシー」を「パッシブ」から「アクティブ」に変更しておきます。
これをしないと常時フル稼働状態になります。ご留意を。
 おそらくデフォルトでは「パッシブ」が多いと思います。


2014/10/27記事改定

ASRock eXtreme Tuner(OCから省電力まで総合的にPCを管理するソフト)のOC機能でダウンクロック。
といってもベースクロックは変えずに上限を20倍(つまり、アイドリング1.2GHz⇒負荷時2.0GHz)に抑える設定。
いうまでもなく、ターボブースとはAUTO(BIOSがAUTOだと、OSの設定が優先されるみたい。)。
さらにファンコントロール機能で回転上限を押さえ込む。
これらを元にIES(省電力機能)を効かせ、OS側の電源プランでさらに詳細に設定。

計測時の室温*30.5~31.0℃の間
湿度は70度くらい。
アイドリングは下が37℃くらい。上が42℃くらい。

ここから2.0GHzから初めて徐々にあげてく。


さて、どうなるか・・・・?。
打ち消し文

***************************************************
ベンチ名
数値は上から順に
 2.0GHzの数値<MAXの温度>

 2.4GHzの数値<MAXの温度>

 最後は定格の3.2GHzの数値<MAXの温度>



スーパーパイ
 140万桁*19秒 <45℃>
 419万桁*1分34秒 <47℃>

 140万桁*17秒 <46℃>
 419万桁*1分18秒 <46℃>

 140万桁*12秒 <50℃>
 419万桁*59秒 <51℃>

CINEベンチ
 CPU*6.70pts<50℃>(Corei7 960相当)

 CPU*6.83pts<52℃>

 CPU*9.14pts<59℃>

ゆめりあベンチ
 3回ループ*MAX89016 <49℃>

 3回ループ*MAX90636 <48℃>

 3回ループ*MAX90003 <51℃>

FF14ベンチ解像度High(1920×1080)
スコア3359/ロードタイム26210 <51℃>
「【3000~4499】やや快適」の範疇ですね。

スコア3467/ロードタイム24263 <51℃>
変わらず「【3000~4499】やや快適」の範疇。

スコア3599/ロードタイム15330 <52℃>
同じく「【3000~4499】やや快適」の範疇。

タイムリープブートベンチ設定オプション全部ON。アンチエイリアス8倍。解像度1280×960
 だいたい100fpsくらい48℃

 だいたい116fpsくらい49℃

 だいたい148fpsくらい52℃

PCMark7 BASIC EDITION
 3389PCMark<48℃>

 3679PCMark<50℃>

 4294PCMark<56℃>

★3DMark 11 完走できず。
 IES(Asrockの省電力ツール)で電力抑えすぎなのか?w


CPUメインのベンチは2.0GHzでもかる~く先代のQ6600を越す数値。だいぶ抑えてるのに・・・。
12スレッド恐るべし・・・。
対して、GPUに依存度が大きいベンチはあら驚き。先代に追いつけませんでしたw
16日のベンチと比べてみると面白いかも。

んで、目的の省電力化は十分成果を挙げた。
なんといっても温度が最高で56度。
(※FFベンチのシーン切り替え時に電力バカ食いしたが、そこは含まない計算)
ファンも最高回転数に達することはなかったので、PCは終始静かでした。もちろん『静音仕様PC』には敵いませんがw
満足ですv

先代Q6600からほぼ4年。
CPUスペックは単純に約4倍。(Q6600基準です。)
時代の流れを感じるなあ。。。。



でも、今でも思うよ。
ろくに3Dゲームもしない俺にはこの構成はオーバースペックすぎるってw
ま、生放送はPCに余裕を持ってできるなw

ま、自作人にとってオーバースペックは自己満足であり、飯の種ですからねw
スポンサーサイト
[PR]

コメントの投稿

非公開コメント

検索したいキーワード
プロフィール

風我(FUGA)

Author:風我(FUGA)
 主な趣味は
・二次元鑑賞(ジャンル=主に美少女が出てくるアニメ&オトナのPCゲームとかも)

・オリジナル&二次創作のキャラクターイラストとかも描きます。




なお、当Blogでは↓のセキュリティツール&カウンターを使用しています。







最近の記事
最近のコメント
カテゴリー
月別アーカイブ
最近のトラックバック
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。